売掛債権を活用した資金調達のすすめ

売掛債権とそれを活用した資金調達のファクタリングについて紹介しています

Urikakesaiken

売掛債権の流動化とは?

更新日:

はてな?

 

売掛債権について調べていると、売掛債権の流動化という表現が出てくることにお気づきになると思います。このページでは売掛債権の流動化とは何か、そしてそれにはどんな意味があるのかということをご説明していきたいと思います。

売掛債権の流動化については、以下のように定義することができます。

売掛債権流動化の定義

 

売掛債権の流動化:売掛金の支払い期日(決済日)が来る前に、銀行や第三者に譲渡、または担保によって資金調達をすることを指していいます。

 

売掛金及び売掛債権が発生してから実際にお金が入金されるまでにタイムラグが生じますよね。その間に売掛債権を活用して資金調達をすることを売掛債権の流動化と言う訳です。このようにして素早い現金化をして、資金繰りを良くする意図があります。

 

売掛債権流動化の3つの方法

 

実際に売掛債権を流動化するには、次の三つの方法があります。

1、売掛債権証券化

2、ファクタリング

3、売掛債権担保融資

それぞれどのような仕組みなのか、みていきましょう。

 

1、売掛債権証券化

これは売掛債権をSPVと呼ばれている特定目的法人に譲渡することで資金調達をする方法です。たとえばあなたの会社が保有している売掛債権をSPVに譲渡します。そうするとSPVはその売掛債権を買い取って、それを証券化し投資家に発行することになります。SPVは企業と投資家を繋ぐ役割を果たしています。これによって投資家は色々な投資案件を選ぶことができるというメリットがあります。しかし証券化するさいの手続きはかなり煩雑になるため、資金調達までに時間がかかる場合があるため、素早い資金繰りの改善を目指す人には不向きな面があります。

 

2、ファクタリング

これは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで資金調達をする方法です。これはファクタリング会社にもよりますが、通常は2日以内、または即日で買取って現金化してくれる場合もあり、素早い資金調達に大変向いています。

またファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングと呼ばれる2種類のやり方があります。2社間ファクタリングというのは、あなたの会社とファクタリング会社の2社間の間の契約で、売掛金を買い取ってもらうことはその売掛先の会社に知られずに行なう方法です。資金繰りに困っていることなどが、取引先に知られないというメリットがあります。一方3社間ファクタリングは、あなたの会社とファクタリング会社、そして売掛先の会社の3社による契約になります。売掛先にも自社の状態をオープンにして、協力的に資金繰りの改善を行なっていってもらいます。2社間ファクタリングに比べて手数料がかなり安くなるというメリットがあります。

 

3、売掛債権担保融資

これは売掛債権を担保にして、銀行などの金融機関から資金を融資してもらうやり方です。これは1と2の方法とは違って、あくまでも売掛債権に担保としての価値があることによる融資、借り入れという方法になります。1と2は売掛債権の譲渡や買取という形態に対して、これは融資という大きな違いがあります。融資ですから当然返済義務が発生します。譲渡や買取の場合は、その売掛債権の価値がなくなる、たとえば売掛先が倒産するなどの事態になっても返済義務はありません。すでに譲渡または買い取ってもらっているからです。しかしこの売掛債権担保融資は、担保による融資になりますから担保価値がなくなれば返済義務があなたの会社に生じることになります。

 

 

上記のように売掛債権流動化には3つの方法があり、それぞれのメリットやデメリットを考慮し今の自分の会社の経営状態に合った方法を選ぶことができます。

 

 

売掛債権を活用した資金調達 TOPページへ

-Urikakesaiken

Copyright© 売掛債権を活用した資金調達のすすめ , 2018 All Rights Reserved.