売掛債権を活用した資金調達のすすめ

売掛債権とそれを活用した資金調達のファクタリングについて紹介しています

Factoring Q&A

2社間ファクタリングとは?

更新日:

 

売掛債権を活用した資金調達の方法の一つに、ファクタリングというものがあります。ファクタリングとは売掛金を債権として買い取ってもらい、手数料を引いた額を入金してもらう方法です。融資や借入とは違いますので、借りない資金調達として今話題になっています。

このファクタリングですが、その方法には2種類あります。それは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという2種類です。ここでは2社間ファクタリングについてご紹介してまいります。

 

2社間ファクタリングの意味と仕組み

ファクタリングの方法の1種類目は、2社間ファクタリングという方法です。これはあなたの会社とファクタリング会社という2社間での契約という意味になります。ある取引先の売掛金を債権として買い取ってもらいたいと思う場合、その取引先にそのことを知らせないで行なうということになります。知らせなくても法律的に何も問題はありません。

2社間ファクタリングを図に示すと下記のようになります。

 

 

2社間ファクタリング

 

 

2社間ファクタリングのメリットは?

 

2社間ファクタリングのメリットは大きく次の2つがあります。

取引先に知られない

あくまでもあなたの会社とファクタリング会社の間での契約、やり取りになりますので、売掛先の会社に知らせる必要はありません。売掛金の入金日を待たずに資金が必要ということでファクタリングサービスを利用する訳です。そういった意味で資金繰りが厳しいということを相手に知られないというメリットがあります。取引先の会社は、あなたの会社が資金難であるとか資金繰りが厳しいということを知ることで、今後の取引を再考するきっかけになってしまうかもしれません。それで売掛先に知られずに売掛金を債権として買い取ってくれる、2社間ファクタリングというのは大きなメリットになります。

 

素早い資金調達ができる

2社間ファクタリングは、取引先の承諾や了承が必要のないやり方ですので、素早い資金調達ができるというメリットがあります。後で取り上げますが3社間ファクタリングですと、売掛先の会社の承諾が必要になります。スムーズにいけば問題ないですが取引先が難色を示したり同意しない場合は、契約自体ができないことにもなります。当然話し合いなどの時間が必要になるため、資金がすぐに必要という状況では効率的ではありません。2社間ファクタリングの場合は、即日に現金を用意することをウリにしているファクタリング会社もありますので、素早い資金調達ができるというメリットがあります。

 

2社間ファクタリングのデメリットは?

手数料が高い

2社間ファクタリングは3社間ファクタリングに比べて手数料が割高となるというデメリットがあります。ファクタリング会社によっても違いますが、買取売掛金額の10%~30%が手数料となります。素早い資金調達ができるメリットはありますが、手数料が高くなる傾向があるのが難点です。

どうして2社間ファクタリングのほうが3社間ファクタリングより手数料が高くなるのでしょうか?

これはファクタリング会社のリスクが高いからと言えます。2社間ファクタリングの場合は、ファクタリング会社からしてみれば次の3つのリスクが存在することになります。

 

取引先からあなたの会社に実際に売掛金が支払われないかもしれない

売掛金の回収までにあなたの会社の経営が維持できないかもしれない

取引先から売掛金が支払われてもそのお金をあなたがファクタリング会社に送金しないかもしれない

 

ファクタリング会社からするとこのような3つのリスクが存在するため、2社間ファクタリングは手数料が高いということになるんですね。

 

売掛債権を活用した資金調達 TOPページへ

-Factoring Q&A

Copyright© 売掛債権を活用した資金調達のすすめ , 2018 All Rights Reserved.